EDの意味と育毛効果との関係

EDは日本では勃起不全という意味ですがインポテンツと区別されているヨーロッパなどとは違っていて、勃起の出来ない状態の人全てがEDとして扱われるので、世界的に定義されている意味とは少し違っています。勃起不全は勃起はできますが不完全な状況のために射精ができないという意味でセックスをしている間に萎縮してしまって、挿入や射精が出来ないのがEDです。原因はストレスとされていて、交感神経が興奮することで血液がペニスに流れにくくなることで勃起が維持できなくなります。勃起治療薬によって血液をペニスに流れるようにできますが、根本的な治療ではないので毎回薬を服用しなければなりません。またストレス以外では男性ホルモンの減少が原因の場合が多いとされていて、とくに35歳以上の中高年の男性は急激に男性ホルモンが減少することで更年期障害が起きて、性欲が低下することでセックスレスになったり、勃起の維持が難しくなる場合があります。男性ホルモンは育毛などにも関係しているホルモンで、多すぎると育毛にはマイナスの作用をしますが、EDに関してはプラスの影響があります。男性型脱毛症は男性ホルモンによって分泌が促される物質が髪の毛の成長を阻害することで起きる症状なので、男性ホルモンが多くなりすぎると症状が進行する恐れがあるので、適度なバランスをとることが育毛とED治療には必要になります。男性ホルモンを多くするためには筋力トレーニングをすることが効果的で、筋肉が増えると成長ホルモンと男性ホルモンが分泌されるので、EDを根本的に改善することができます。育毛のためのノコギリヤシサプリメントなどを服用していると性欲が低下する可能性があります。

ページトップへ