EDの治療薬で有名な製造会社

EDの治療薬は基本的にはアメリカで開発されているので、製造会社の多くがアメリカ企業となっていますが、ジェネリック医薬品に関しては日本にも製造会社が存在していますが、医療機関などで処方される機会は有名な製造会社の薬に比べると少ないとされていて、原因の一つとしてインド製のジェネリック医薬品の価格が非常に安いことがあります。EDに関してはアメリカの製薬会社が最初に開発を始めたので特許権なども独占していましたが、現在ではインドなどで安い価格でジェネリック医薬品が製造されているので、多くのユーザーがED治療のためにインド製のジェネリック医薬品を使用しています。有名なメーカーの勃起治療薬は1錠あたり2000円以上の価格で販売されているので、費用が非常に高くなってしまいます。そのために輸入代行業者などを利用してジェネリック医薬品を購入する人が増えています。日本製のジェネリック医薬品は1錠あたり1000円から1500円程度で販売されていますが、有名メーカーの製品との価格差があまりないことから処方されることも少なくなっています。インド製のED治療薬の問題点としては、偽物が多く流通していることで、日本で輸入代行業者を利用して手に入れたとしても確実に本物を手に入れることは難しくなっています。その要因としては、世界的に勃起改善薬の需要が大きくなっていることや、有効成分を調べるのが難しいので、成分がわからないまま服用する人が多いことなどがあります。確実に本物を手に入れる場合は医療機関を受診して薬局から購入する方法がありますが、治療費用と薬代などで数万円の料金がかかるので、治療が長引くとコストが非常に高くなります。

ページトップへ